オーバークロッキングの学習

オーバークロッキングとは、パフォーマンスを向上させるためにメモリモジュール、CPU、GPUの標準仕様を調整することです。たとえば、RAM の業界標準値(JEDEC)のクロック速度を上昇しレイテンシ(待ち状態)を低下すると、PC アプリケーションに大きく影響する場合があります。Kingston FURY メモリモジュールには、2 つのシンプルなメモリのオーバークロッキング方法があります。初心者向けの Plug N Play と、エキスパート向けの Extreme Memory Profile です。

PCマニア(以前はホビーストとして知られていました)にとって、オーバークロッキングは芸術形態であり、独自のサブカルチャーです。最も熱狂的なオーバークロッカーであれば、世界記録を争うために液体窒素でコンポーネントを冷却するぐらいの苦労は惜しみません。しかしながら、強力なゲーム機器を望むすべての人々が、ハードウェアの性能を引き出す達人になる必要はありません。2000年代半ば、Intel、AMD、およびNVidiaは、DIMM上でプログラムされたプロファイルを使ってメモリを簡単にオーバークロックできる方法を考案しました。プロファイルには、クロック速度、電圧、レイテンシが定義されています。チップセット/プロセッサーメーカー、マザーボードメーカー、メモリメーカーの間で開発されたチェックとバランスのエコシステムが、安定した状況を作り出しました。その結果、マニアでも、マニアでなくても、メモリモジュールのパフォーマンスをこれまでになく簡単に押し上げることができるようになりました。

Kingston のオーバークロック記録

Kingston のオーバークロック記録

Kingston メモリを使用した記録更新を誇りに感じています。

詳細

メモリ読み込み(MB/秒、大きいほど良い)

パフォーマンスプロファイル
Kingston FURY Renegade DDR4

メモリ読み込み 39248 MB/秒
速度 レイテンシ 電圧
2666 MHz 13-15-15 1.35V

Plug-N-Play (PnP)
Kingston FURY Beast DDR4 / Kingston FURY Impact DDR4

メモリ読み込み 38032 MB/秒
速度 レイテンシ 電圧
2666 MHz 16-18-18 1.2V

業界標準(JEDEC)
Kingston DDR4メモリ

メモリ読み取り 37463 MB/秒
速度 レイテンシ 電圧
2666 MHz 19-19-19 1.2V
プラグアンドプレイ

プラグアンドプレイ

Kingston FURY Plug N Play は Kingston の開拓したメモリオーバークロッキングの概念です。FURY および Impact メモリ製品ラインに搭載された Kingston FURY Plug N Play は、当社のエンジニアが工場で構成したプリセットで自動オーバークロッキングされたメモリです。

手動で設定とタイミングを変更する必要はありません。プロファイルを選択する必要すらありません。プロファイルは標準電圧で動作するため、差し込むだけですぐ使用できます。Plug N Play は、BIOSでメモリを調整できないシステムがある場合や、メモリのパフォーマンスを向上する簡単なソリューションが必要な場合に理想的です。ほとんどのシステムは、Kingston FURY Plug N Play により BIOS で可能な最大速度まで自動的にオーバークロックされます。

Intel XMP

Intel XMP


Intel

Intel のメモリオーバークロッキング手法は、XMP(Extreme Memory Profile)と呼ばれます。XMP は、工場で DIMM にプログラムされるプリセットオーバークロック設定です。各 DIMM には、アグレッシブなものと、少しアグレッシブでないものの 2 つのオーバークロッキングプロファイルが付属しています。それらにはデフォルトの JEDEC 値(業界標準速度、タイミング、および電圧)があります。これは、Intel プラットフォームで安全かつ保証付きのメモリオーバークロッキングを行う Intel のソリューションです。XMPプロファイルは、BIOS 内で、あるいは Intel の Web サイトからダウンロードできるエクストリームチューニングユーティリティー(XTU)を使用して有効にできます。

Intel XMP には、Certified および Ready の 2 つの分類があります。Intel XMP Certified は、特定モデルのマザーボードの動作が Intel によって確認されていることを意味します。その結果は編集され、Intel の XMP Web サイトに掲載されます。Intel XMP Ready は、DIMM に XMP プロファイルが付属し、メモリメーカーが宣伝された速度でテストしています。ただし、Intel には提示していないことを意味します。

メモリ読み込み(MB/秒、大きいほど良い)

パフォーマンスプロファイル
Kingston FURY Renegade DDR4

メモリ読み込み 50004 MB/秒
速度 レイテンシ 電圧
3600 MHz 17-18-18 1.35V

パフォーマンスプロファイル
Kingston FURY Renegade DDR4

メモリ読み込み 42411 MB/秒
速度 レイテンシ 電圧
3000 MHz 15-17-17 1.35V

業界標準(JEDEC)
Kingston DDR4メモリ

メモリ読み取り 37463 MB/秒
速度 レイテンシ 電圧
2666 MHz 19-19-19 1.2V

オーバークロックにより、安定した業界標準のメモリ仕様(速度、レイテンシ、電圧)を上回る高い性能が得られます。通常、オーバークロックは安全で、Intel や AMD などのマザーボード/システムメーカーによってサポートされていますが、ユーザーの責任で行っていただく必要があります。速度や構成によっては、システムの安定性が低下する場合があります。記載されている FURY のパーツは、マザーボードメーカーのテスト(QVL)と Kingston の社内テストに基づいていますが、システムによっては、特に超高速時にオーバークロックを安定させるために、プレミアムコンポーネント(ハイエンドプロセッサモデル、マザーボード、電源、水冷)が必要な場合があります。

Kingston FURY

関連記事