ノートパソコンに入力する手
ソフトウェア暗号化と規制遵守比較的に低コストで大半のセキュリティリスクに対応するソリューション

規制とコンプライアンスの要件

今までデータセキュリティは IT 部門に限定されていましたが、消費者データの漏洩が相次いだため、世界各国の政府は個人を特定できるデータをすべて暗号化して保護する義務を、さらに厳しく企業に課すようになっています。

医療分野の HIPAA から、EMEA の GDPR やカリフォルニアの CCPA まで、規制によってデータクラス保護のための暗号化が義務付けられています。それらの規制と関連する罰金や法的賠償リスクが著しく増加したため、コンプライアンス組織の数も過去3年あまりで急増しました。

このような変化を受けて、IT 部門はセキュリティの維持とコスト上昇の課題に直面しています。コロナ禍のため、データ暗号化に重点的に取り組むための費用は後回しにされ、予算はハードウェアの追加とファイアウォールへの投資に費やされています。

実際に Microsoft BitLocker® や、Symantec、McAfee などの会社のエンドポイント管理ソフトウェアを使用したソフトウェア暗号化が増加しています。一部の企業や消費者は、一部のベンダが提供するソフトウェア「Vault」ドライブ付きの標準的な USB ドライブも使用しています。

このテクニカルブリーフではソフトウェア暗号化や規制遵守についてご説明し、比較的安価なこのソリューションの主なセキュリティリスクについて、知っておくべき事項をご紹介します。


壁紙のダウンロード

#KingstonIsWithYou

専門家に照会する

専門家に照会する

正しいソリューションの設定計画を行うには、顧客のプロジェクトのセキュリティ目標を理解する必要があります。そのためにキングストンの専門家がご案内します。

専門家に照会する

関連動画

  • 暗号化機能付き USB フラッシュドライブの説明

    暗号化 USB フラッシュドライブは、プライベートなデータを安全に守りますが、どのように機能するのでしょうか?

  • 暗号化 USB ドライブ

    データセキュリティやデータ保護は企業にとって大きな課題ですが、ハードウェアベースの暗号化 USB フラッシュドライブを使用すれば、会社の機密情報を保護できます。

関連製品

関連記事