現在、英国のサイトにアクセスしていることに気づきました。代わりにメインサイトにアクセスしますか?

Kingston IronKey VP50がデスク上のノートパソコンに挿入されている様子

USB ストレージ:ハードウェア暗号化でリスクを防止できる理由

暗号化および非暗号化 USB ドライブの比較

Kingston IronKey VP50が挿入されたノートパソコンのキーボードを叩く手

最近のサイバー攻撃が大規模かつ悪質になっていることは、企業や組織にもよく知られるようになりました。このような攻撃は、企業の中核事業の継続を不能にし、企業イメージや財務に損害を与えるおそれもあるため、恐ろしいものです。

しかし企業は十分な対策をしているでしょうか?

いいえ。調査結果によれば、マルウェアおよびランサムウェア攻撃は 2021 年にほぼ倍増しています*。Kingston では、企業がまだ非暗号化 USB ドライブをデータの保存や移動の主な手段として使用していることを把握しています。

何が起こっているのでしょう?

この e ブックでは、業界専門家の David Clarke と弊社技術専門家の Pasi Siukonen の話を聞きながら、この疑問に回答し、非暗号化 USB ドライブを使用する動機とその成果についてご説明します。また、暗号化 USB ドライブによって、どのようにデータの安全を守り、データ漏洩のリスクを軽減するかをご説明します。

  e ブックをダウンロード

#KingstonIsWithYou #KingstonIronKey

David Clarke の写真

David Clarke

David は、トムソン・ロイターによる「英国におけるソーシャルメディア、リスク管理、コンプライアンス、レグテックの分野で最も影響力のある思想的リーダーおよび思想家トップ 30」で上位 10 名に入るインフルエンサーとして認められており、Kingston Technology による世界的専門家のトップ 50 のリストにも入っています。

Pasi Siukonen の写真

Pasi Siukonen

Pasi は、Kingston 製品の広報、マーケティング、フィールドセールス、テクニカルサポート、カスタマーサービスなど、Kingston の各部門をサポートする専門家チームのリーダーを務めています。彼は主にフラッシュと SSD の製品ラインに注力しています。

回路基板のチップセット上にある Kingston の Ask an Expert (専門家に照会)アイコン

専門家に照会する

正しいソリューションの設定計画を行うには、顧客のプロジェクトのセキュリティ目標を理解する必要があります。そのためにキングストンの専門家がご案内します。

専門家に照会する

関連記事