現在、英国のサイトにアクセスしていることに気づきました。代わりにメインサイトにアクセスしますか?

コンピューターキーボードの上に手をかざしてホログラムディスプレイを操作し

データセキュリティソフトウェアとは?

データセキュリティは、不正アクセス、データ破損、データ盗用から、デジタル情報を保護する手段です。データセキュリティのコンセプトは、ハードウェアの物理的セキュリティ、アクセス管理、ソフトウェアの論理セキュリティ、はては組織ポリシーや組織内の手順に至る、あらゆる形式の情報セキュリティを包括します。

データセキュリティ手段を適切に実装すれば、サイバー犯罪、人的ミス、社内の脅威からすらも、組織のデータを保護することができます。ただし、データセキュリティには組織が自身のデータ利用をよりよく理解できるようにするツールとテクノロジも必要です。そのようなユーティリティでは、重要なデータの暗号化、訂正、マスキングもできます。理想的な状況では、データセキュリティによって報告が自動化されて監査が一元化され、規制要件の遵守を支援します。

世界中で、各企業が、ブランド、知的財産、顧客情報を保護し、重要なインフラを管理するため、データセキュリティに投資しています。データセキュリティ対策が不十分な場合や不適切な場合は、データ侵害が発生します。データ侵害は、和解金、罰金、事業損失などで、何百万ドルもの損害につながります。アンケートによれば、ほとんどの消費者は、堅実なデータセキュリティソフトウェアは会社が成功を継続させるために不可欠であり、データ侵害を起こした企業とは取引しないと答えています。

データセキュリティのタイプ

レザージャケットを着た人物が、暗闇でモニターライトに照らされて、ノートパソコンを操作しています。明るいネオンライトのバーとコードラインが画像上で重ね合わさっています。

現在利用できるデータセキュリティには、さまざまなタイプがあります。一部ハードウェアベースのものがありますが、ほとんどはソフトウェアベースです。

  • 暗号化: ファイルとデータベースの暗号化は、大量の重要データ保護のための最終手段であり、ハードウェアベースとソフトウェアベースがあります。
  • データ消去: すべてのデータの痕跡を完全に上書きするソフトウェアです。削除よりも安全です
  • データマスキング: 担当者がアプリケーション開発やリアルデータによるトレーニングができるよう、個人を特定可能な情報(PII)を非表示にします。
  • データディスカバリと分類: 重要情報の識別プロセスを自動化し、脆弱性を評価し、解消します。
  • データとファイルのアクティビティ監視: これらのツールでは、セキュリティでリスクを識別し、異常を発見し、誰がデータをアクセスしているかを測定できるように、データの利用パターンを分析します。さらに動的なブロックやアラートも展開します。
  • 脆弱性評価/リスク分析: これらのツールは、構成ミスや脆弱パスワードなどの脆弱性を検出して軽減し、露出リスクのあるデータソースを特定できます
  • 自動化された準拠性報告: 自動化された報告機能を備えたデータ保護ソリューションは、企業全体の準拠性監査に対応できる一元化されたリポジトリを提供します

暗号化は、データの安全性を守る上で最善な方法の1つです。ここで大事なのは、ソフトウェアベースの暗号化は、ハードウェアベースの暗号化よりも簡単に問題を回避でき、除去できるということです。組織のデータセキュリティ戦略における暗号化に真剣に取り組んでいるのであれば、ハードウェアベースの暗号化製品に投資してください。

データセキュリティツールとテクノロジでは、どこにデータがあるかを理解し、誰がそれにアクセスしているかを追跡し、リスクの高いアクティビティや、危険なファイル移動など、望ましくない操作をブロックする必要があります。

包括的なデータセキュリティ戦略の対象は、人々、プロセス、テクノロジです。企業文化とツールセットのいずれも、適切な管理手段とポリシーを確立する上で重要です。データセキュリティに対する全体的なアプローチだけが、企業のあらゆる領域で最優先として扱われます。

データセキュリティ戦略

組織の基盤確保のためにデータセキュリティに関して採用できるポリシーは数多くあります。アクセス管理は、そのようなポリシーの1つです。データベース、ネットワーク、管理アカウントアクセスを厳密に管理し、特権アクセスをごく小数の人員に限定すれば、組織はその最重要情報が単一障害点で露出する量を削減できます。‘「最小権限のアクセス」というフレーズがありますが、これは、間違いなく、対象の組織がアクセス管理に真剣に取り組んでいることを表しています。セキュアな業務環境では、従業員に必要なのは、与えられた仕事をするためのアクセス権限だけです。

アプリケーションセキュリティは、堅実なデータセキュリティのためのもう一つのポリシーです。したがって、社内の従業員が、すべてのパッチやアップデートを含め、最新のソフトウェアリリースを使用する必要があります。そうすれば、ソフトウェアで確認されたいかなるセキュリティ上の脆弱性も、職場ネットワークに対する侵入箇所にはなることはありません。

ネットワークとエンドポイントセキュリティの監視ソフトウェアも、あらゆるデータセキュリティプランを考える上で、強力な候補に挙げられます。脅威検出と管理などのツールの実装は、オンプレミスシステムの応答ツールやプラットフォーム、あるいはクラウドプラットフォームなどの実装と同様に、大幅なリスク軽減につながり、データ侵害の可能性も少なくなります。

とはいえ、これらのポリシーのいずれも、従業員教育が組織のデータセキュリティ戦略の柱になっていなければ効果はありません。したがって、必要なデータセキュリティソフトウェアの正しい使い方の手順と、ソーシャルエンジニアリングや堅牢なパスワード設定などの総合的なデータセキュリティの原則を幅広く備えることは、、あらゆる組織にとって、特に大半のスタッフが個人情報を扱っている状況では、最も重要な課題です。

データセキュリティに投資する理由とは?

シャツとジャケットを着た人物がデスクに向かって、タブレットで調べ物をしています。折れ線グラフの図とデータセキュリティインターフェイスが重ね合わさっています。

データセキュリティで、それに投資する企業が得られるメリットはいくつかあります。

  • 重要情報の保護: 企業では、大量の重要情報や個人情報が集められます。データセキュリティソフトウェアは、そのようなデータをしかるべき場所に保管し、データ侵害の惨事を回避します。
  • 組織に対する評判の保護: 強固なデータセキュリティプランは、従業員、パートナー、顧客のプライバシーを守り、組織に信頼を築きます。
  • データ改ざん防止: ハッカーは、データを削除、破損、改ざんし、ランサムウェアや悪意のソフトウェアを挿入します。データセキュリティが効果的であれば、望ましくない結果が生じることなくビジネスを保護できます。
  • 競争を勝ち抜く: 重要データを厳格な保護で守る組織は、ライバルの中でも別格の存在になる可能性があります。データ漏洩が発生している競合他社は、多大な利益につながる多くの開発や成長の機会を失うことになります。

データセキュリティソフトウェアは、あらゆる組織のIT戦略で欠かせない構成要素です。お客様や従業員を、高品質なセキュリティプロビジョニングで保護しましょう。

#KingstonIsWithYou

専門家に照会する

専門家に照会する

正しいソリューションの設定計画を行うには、顧客のプロジェクトのセキュリティ目標を理解する必要があります。そのためにキングストンの専門家がご案内します。

専門家に照会する

関連記事