現在、英国のサイトにアクセスしていることに気づきました。代わりにメインサイトにアクセスしますか?

デジタル背景上で2024年のコンパスをキャッチするロボットと人間の手の3Dレンダリング

2024年:テクノロジー専門家の予測

昨年は、テクノロジーの展望に大きな変化をもたらしました。多くの人にとって、2023年は人工知能(AI)と機械学習の年であり、ChatGPTやBardAIのようなプラットフォームが爆発的に普及しました。また、グローバル企業がハイブリッドワークやリモートワークの長期的な実現可能性を検討し始めた年でもあり、リモートコラボレーション、生産性、サイバーセキュリティをめぐる問題に取り組みました。

2023年に多くのエキサイティングな進展があっただけに、2024年のテクノロジーの先が見えにくくなっています。AIの驚異的な発展は今後も続くのでしょうか?没入型テクノロジーは、ビジネスや私たちの日常生活に長期的な影響を与えるのでしょうか?このような問いやその他の多くの疑問に答えるため、私たちは2024年のテクノロジーに関する洞察と予測を共有する専門家コミュニティに話を聞きました。

イノベーションと没入型体験

拡張現実アプリでエンジン設計を示すタブレットを持つエンジニア。

拡張現実(AR)と仮想現実(VR)は登場以来、すでに多くの改良と変貌を遂げてきました。ロブ・メイは、このような開発は2024年まで続くと予測しており、「没入型のデジタル体験はAR/VRの進歩によって革命を起こし、よりリアルでインタラクティブな環境と現実世界の要素とのシームレスな統合を提供し、教育、エンターテインメント、リモートワークを強化する」と述べています。

AIと没入型テクノロジーの統合は、AIのパーソナライゼーションの可能性により、ユーザーにとってより良い没入型体験をもたらすことは否定できません。エレナ・カルストイウは、これが商業的に応用される可能性を指摘しています。「ある調査は、消費者の58%が、没入体験は購入の意思決定に影響すると考えていることを示しています。このように、パーソナライズされた没入型デジタル体験を提供することは、販売プロセスにおいてますます重要性を高めています。AIの力を活用することこそ、効果的に人々を魅了し、引き込む唯一の手段です」。実際、パーソナライゼーションに対する消費者の期待が高まっているため、没入型体験はもはや興奮とエンゲージメントを生み出すだけでは不十分であり、ユーザーのためにパーソナライズされたものでなければなりません。

没入型体験はデジタル空間で起こるものですが、物理的空間におけるイノベーションの影響を無視することはできません。「CPU、RAM、GPU、SSDだけでなく、ネットワークやデータバスも高速化しており、グラフィックスの解像度とFPSが向上し続けているため、AR/VRアプリのユーザー体験が向上しています」と ジェフリー・プティは述べています。サイモン・ベストマンは、今年初めに発表され、2024年3月に発売が予定されているApple Vision Proは、次世代の複合現実(MR)ヘッドセットの始まりに過ぎないと付け加えます。「アップルのヘッドセットのような次世代デバイスは、ユーザーとのより深いインタラクションを目指しています。眼球運動、体温、皮膚の電気的活動まで分析するデバイスです」。このように追加されたデータポイントは、没入体験をパーソナライズするだけでなく、視覚と聴覚を超えた次元を提供できるものです。

パーソナライズされた没入型デジタル体験を提供することは、販売プロセスにおいてますます重要になっています。AIの力を活用することは、効果的に人々を魅了し、引き込む唯一の手段です。
エレナ・カルストイウ

テクノロジーとハイブリッド・ワーキング

コロナ禍が収まって以降、世界中の多くの働く人々がオフィスに戻ったとはいえ、ハイブリッドワークやリモートワークは、コロナ禍以前と比べればまだ大きなレベルにあります。その結果、ハイブリッドワークの利点と欠点に関する議論が巻き起こり、多くの場合、テクノロジーはリスクとチャンスの両方の要素として、こうした議論の核となっています。

2024年には、より包括的で柔軟な職場環境を作り出し、ハイブリッドワーカーの従業員体験をパーソナライズして改善することに、より焦点が当てられるようになるかもしれません。フランク・ジェニングスは、「リアルタイムのデータを活用したコラボレーションと意思決定ツールの強化により、従業員の精神的な健康状態をケアしながら、特定の従業員の仕事量と強みに焦点を当てることができ、従業員をより効率的に、より幸せにすることができる」と述べています。ケイト・スカーノワ は、パーソナライゼーションに関してはさらに先を見据え、以下のように言っています。「職場にアバター(メタバースであろうとなかろうと)が増え、より効率的になるでしょう。」

もちろん、AIもハイブリッドワークの将来、特に仕事の自動化において極めて重要な役割を果たすでしょう。「オートメーションと人工知能技術は、反復作業を自動化し、生産性を向上させるために発展し続けるでしょう。データを分析し、決断を下し、プロセスを最適化するために使われるようになるでしょう」とフィリップ・ヴィンキエ博士は予測します。AIツールはすでに企業で仕事の自動化に使われていますが、どのような種類の仕事を自動化すべきか、また、自分の仕事が危険にさらされる可能性のある人としての従業員にどのような影響を与えるかについては、まだ議論の余地があります。

しかし、おそらくさらに重要な疑問は、ハイブリッドワークは本当にこれにとどまるのかということです。サイモン・ベストマンは、ハイブリッドワークの長期的な存続可能性は、テクノロジーの発展と展開にかかっている、と指摘します。「雇用者と労働者の双方からの抵抗には、技術的な解決策で対処する必要があります。技術の質がハイブリッドワークの将来を左右することになるでしょう。」一方、マイク・ギレスピーは、ハイブリッドワークについて楽観的ですが、テクノロジーを正しく活用することが組織のハイブリッドワークへの対応法を左右することに同意しています。「システム、サービス、情報にアクセスするために、VPNの使用を強制させている、古い仕事のやり方に依存している現状を見直す必要があります」

メモリとストレージ

ARやVRからモノのインターネット(IoT)に至るまで、新興テクノロジーの未来は、メモリとストレージの革新に依存しています。人工知能がさまざまな産業やアプリケーションでますます活用されるようになるにつれ、この強力なテクノロジーを最大限に活用したい組織にとって、メモリ要件は避けられない課題となるでしょう。エレナ・カルストイウは次のように説明しています。「AIと機械学習アプリは、大量のデータを処理することで必要な情報を抽出します。ストレージインフラは、これらのGPUに継続的にデータを供給し、絶え間のない利用を維持する上で極めて重要です。」そのため、メモリソリューションに必要な発展がなければ、AIの可能性は未開拓のまま置かれる可能性があります。

同時に、世界のデータ量はその拡大の勢いを減速していません。それどころか、年々増加し続けており、2024年には147ゼタバイト*に近づくと予測されています。メモリとストレージソリューションは、データの保存、使用、共有を確実にする上で極めて重要な役割を果たすだろう、とイアン・モイスは言っています。「データの飛躍的な増大と、それをより迅速に処理しようとするエンジンの要求により、そのサポートに向け、処理とストレージのニーズと方法を拡大する必要があります」

幸いなことに、メモリとストレージソリューションには多くの革新と改善が見られ、それは今後数年間も続くでしょう。ジェフリー・プティは、「DDR5とSSDは年々高速化・高効率化しており、HEDT、AI最適化サーバー、クラウドサーバーの全体的なパフォーマンスを向上させている」と指摘します。結局のところ、2024年に最もエキサイティングで重要な新技術を牽引するのは、メモリとストレージ分野の技術革新かもしれません。

2024年の課題

持続可能実現に向けた2024年の対策

2023年に企業や政府が直面した多くの課題は2024年も継続するため、効果的かつ持続可能な解決策が必要であると強調されています。

世界的な紛争や気候変動など、さまざまな要因によって近年生じているサプライチェーンの問題は、あらゆる産業やセクターに影響を与え続けています。そして、テクノロジー業界も例外ではありません。ラファエル・ブルーム は、「半導体の世界的な供給難は緩和されつつあるが、依然として一つの影響要因である」と指摘します。

広義には、世界的なインフレと経済不安の影響は、2024年までデータセンターに影響を与え続けるでしょう。サイモン・ベストマンは、新しいテクノロジーと新しい規制の両方がデータセンターに与える新たなプレッシャーに注目しています。「現在すでに、AIや機械学習ソリューションに対する需要は、ハードウェアメーカーやデータセンターのハウジングプロバイダーの能力を上回っています。より持続可能な仕事をしなければならないというプレッシャーと、より強度の高いコンピューティングを提供しなければならないというプレッシャーは、簡単に両立できるものではありません。」

サイバーセキュリティ は、特にハイブリッドワークやリモートワークの継続的な需要により、2023年における組織の主要な懸念事項となっており、これは2024年も確実に続くでしょう。エレナ・カルストイウは、近年のサイバー犯罪の蔓延に注目しています。「過去3年以内に50%の企業がサイバー攻撃の餌食になっているという調査報告があります。予測されるその被害コストは、2024年末までに10兆ドル**を超えると予想されています」。人工知能を含む技術の進歩は、サイバー犯罪の防止と影響の軽減に役立つことは確ですが、2024年に企業が直面するサイバー上の最大の課題のひとつは、人材に関するものでしょう。「セキュリティ、世の中の変容、新技術に対応できる人材の確保は、今後も需要を上回り、中小企業にとって必要な人材を確保することは大きな課題となるでしょう」とイアン・モイスは予測しています。

基盤回路のイラストが描かれた暗い色のデスクに置かれたノートパソコンを上から見た様子

専門家に照会する

適切なソリューションを計画するには、プロジェクトとシステム要件を理解する必要があります。Kingston の専門家にご相談ください。

専門家に照会する

Kingston製品の検索

キングストン製品でスタートすれば、メモリの選択も簡単です。
35 年以上にわたるサーバーメモリの専門企業として、Kingston は、ユーザーが自身を持ってメモリを選択するために必要な知識とリソースを保有しています。

システム/デバイスで検索する

パソコンまたはデジタルデバイスのメーカーやモデル番号、またはシステムの製品番号を入力するだけで、必要なKingston製品を見つけることができます。

部品番号で検索

Kingston の部品番号、販売業者の部品番号、または製造業者の同等の製造部品番号で検索してください。

関連記事