現在、英国のサイトにアクセスしていることに気づきました。代わりにメインサイトにアクセスしますか?

ブレゲンツ音楽祭の湖ステージの写真、オーストリアのブレゲンツにて、Ralph Larmann 撮影

デジタル暗室にいるパフォーマンス写真家、Ralph Larmann

Kingston Technology による Ralph Larmann の紹介

Ralph Larmann の写真

Ralph Larmann は、80 年代後半に写真とジャーナリズムに転向する前に、ロッテルダム音楽院でポピュラー音楽を中心にドラムを学びました。それ以来、Ralph は国内外の舞台で各種の複雑なフォトドキュメントを作成し、魅力的な画像を作成することで多くの有名人、パフォーマンス、イベント、作品を捉えてきました。演劇、オペラ、ミュージカル、コンサートツアー、テレビ番組、特別イベントの分野で撮られた素晴らしい作品のうち 58 点は、彼の 400 ページのイラスト本「Stage Design」と「SStage Design Emotions」に収録されています。彼の本で紹介されている作品はどれも細かいビジュアル要素が豊富で、観客からは見えないことの多い視点から写真が撮られています。

Ed Sheeran の「Divide」と U2 の「360°」ワールドツアーで、Larmann は公式の写真家として史上最も成功を収めた 2 つのコンサートツアーを撮影しました。

パフォーマンス写真家として、撮影方法の何がユニークなのですか?

パフォーマンス写真家として、一人だけで活動する点に触れるのが重要でしょう。したがって、非常に複雑なことが多い舞台作品で、私の写真がパフォーマンスの威力と魔法のエネルギーを永遠に視聴者に伝えるには、非常に特殊なカメラの撮影設定が必要です。

これは、パフォーマンスに応じて、レンズが厳選された Sony Alpha ONE フルフレーム ミラーレス DSLR カメラを最大8台、使用することを意味します。このカメラのうち 4 台をいわゆる「手持ち撮影カメラ」として使用し、それぞれに適切なズームレンズも携帯します。このため、考えられるあらゆる状況に迅速かつ直感的に反応できます。

さらに最大 4 台の DSLR カメラをいわゆる「リモートカメラ」として、パフォーマンス空間内で事前に選択した位置に設置し、4 台の手持ちカメラの位置の変化と並行して、さらに異なる視点から撮影します。私は 8 台のカメラそれぞれに 256GB SD カードを 2 枚使用しています。

写真撮影において SD カードはどのような役割を果たしますか?

パフォーマンスのほぼすべての写真記録では、多くの画像が生成されます。高解像度の RAW ファイルの形式で画像が 5,000 枚から最大 30,000 枚まで作成されます。大量の画像と、多くの場合素早い連続画像を組み合わせるには、書き込み速度と信頼性の点で可能な限り最高の SD カードが必要です。そうしないと、たとえカメラ内のデータバッファが大きい場合でも、遅延や待ち時間が発生して滑らかな撮影が困難になる可能性があります。写真撮影の妨げになったり、最悪の場合、パフォーマンスの重要な瞬間を撮影できないことさえあります。非常に低速なカメラと SD カードを使用していた昔、そうした状況をすべて経験しました。Sony Alpha ONE カメラと Kingston の Canvas React Plus SD 256GB カードの現在の組み合わせでは、そのような問題はもう起こりません。

デジタル暗室について教えてください。

ワールドツアー Mathematicsの撮影中の Ed Sheeran – Ralph Larmann による写真

写真撮影に関して言えば、多くの人はカメラの背後で過ごす時間のことだけを想像します。趣味または職業として写真に真剣に取り組んでいる人なら誰でも、撮影後に暗室で画像を「現像」するのに長時間かかることを知っています。現在では、いわゆる「デジタル暗室」が主流となっています。

ここでは、まずデータ転送が行われます。画像をバックアップしてさらに処理できるようにする場合、使用する SD カードは最高の読み取り速度を備える必要があります。使用するカードリーダーで可能な最高の転送速度と、コンピューターに接続されている SSD ドライブの可能な最高のパフォーマンスを組み合わせれば、最短の時間で画像データを転送できます。

データ転送とバックアップに遅延があると、貴重な時間が失われます。写真撮影後、256 GB の RAW データを最大 16 枚の SD カードにバックアップする必要があることも頻繁に起こります。このため、一秒も無駄にできません。Lightroom でのインポートと表示の場合、SSD の速度とパフォーマンスももちろん重要です。

私の機器の構成を見ていただければ、個々のコンポーネントの品質がいかに重要であるかがすぐにおわかりになるでしょう。

Kingston があなたの日常的な撮影設定の一部になった経緯を教えてください。

コンピューターや関連アクセサリーを含む私のカメラ機器は、長年にわたり常に変化し、進化してきました。私はワークフローを高速化する方法を常に探しています。

これは、2019 年 9 月に私が Kingston チームと協力して、256 GB のストレージ容量を備えた Canvas React Plus SD カードをテストしたときも同様でした。これは、Kingston Technology との建設的で前向きなコラボレーションの始まりでした。

Kingston の SD カードを継続的に使用するだけでなく、旅行時には最高のパフォーマンス機能を備えた Lenovo ThinkPad を 2 台使用しています。これらは、4TB(2x2TB)内部 SSD ストレージを備えた P17 と 8TB(2x4TB)内部 SSD ストレージを備えた P16 に分かれています。通常、これでは作成された画像のストレージ、データ転送、編集を行うには十分ではないため、私は、それぞれ 3.84 TB の Kingston のデータセンター SSD を 6 枚搭載し、RAID 5 モードで 1 つのボリュームとして構成した Synology DS620 SLIM NAS も使用しています。この設定は、オフィスでも移動中でも、私の忠実な相棒です。エンタープライズ SSD の高速性のおかげで、制作中のファイルのバックアップや自宅での画像データの取得にかかる時間は最小で済み、長時間の撮影後で非常に助かります。

ただし、読み取りおよび書き込みの高いデータ転送速度とは別に、決め手となるのは絶対的な信頼性です。私は Kingston SD カードと SSD を使用して以来、故障したり、データが失われたりしたことはありません。ラッキーですね。このため、パフォーマンス写真に関して安心でき、永続的な良い感触が得られます。Kingston 製品を 5 年間使用しましたが、今後も Kingston 機器を制限なく使用していきたいと考えています、また、いつでも 100% 推奨しています。これほど自分の機器に自信を持つことはないでしょう。

#KingstonIsWithYou

関連記事