現在、英国のサイトにアクセスしていることに気づきました。代わりにメインサイトにアクセスしますか?

サーバー内の Kingston メモリモジュール

サーバー用メモリの選択方法

#KingstonCognateがSimon Bestemanを紹介

Simon Besteman氏の写真(ISP、サプライヤー、およびデータセンターコンサルタント)

Simon Besteman 氏はフランスとオランダの国籍を持ち、ICT およびデータセンター業界で豊富な経験があります。彼は20年以上にわたり ISP、サプライヤー、データセンターで勤務し、多彩な企業組織の経営コンサルタントとして経験を持ちます。Simon 氏は、サービス、セールス、マーケティング、運用管理、戦略的開発の分野の多国籍企業で、各種の上級管理職を歴任しました。

現在 Simon 氏は、オランダのホスティングプロバイダ協会の Dutch Cloud Community の常務取締役です。業界を代表する彼は、業界と政策の話題について頻繁にブログを寄稿し、国会やカンファレンスで基調講演を行い、電気通信、データセンター、インターネット規制に関するオランダ政府の諮問会議にも参加しています。彼は、教育、雇用、統制を中心に、さまざまな業界団体の役員を務めています。

メモリは、あらゆるシステムに欠かせないコンポーネントで、間違ったやり方で構成をすると、システムとアプリケーションのパフォーマンスに多大な影響を与えることがあります。

サーバーへの設置方法や、使用するメモリのタイプ、各メモリーモジュールを取り付ける個数などを決定する前に、その選択の重要性について理解する必要があります。理解不足の場合、期待以下のパフォーマンスや想定以上の消費電力になるだけではなく、システムの電源がまったく入らないなどの深刻な問題が発生することがあります。

メモリ技術のタイプの違い

最初に考慮すべきことは、互換性です。同じメモリバンクの中に異なるブランドのメモリモジュールを混在させると、互換性が問題になります。正しくないメモリが取り付けられている場合や、メモリ技術が混在している場合、システムの電源が入っても、オペレーティングシステムが起動しないことがあります。

現在、利用可能な主要メモリ技術は 3 種類で、UDIMM(Unbuffered DIMM)、RDIMM(Registered DIMM)、LRDIMM(Load Reduced DIMM)があります。これら 3 種のメモリ技術をサーバーに物理的に取り付けることは可能ですが、絶対に混在させてはいけません。混在させると、システムが起動しなくなります。

適切なメモリの選択方法

暗い背景に、扇状に積まれたメモリモジュール

UDIMM、RDIMM、LRDIMM は、メモリ速度も異なります。最近のサーバーは、最大 3200MT/秒の速度で作動する DDR4 メモリモジュールと互換性があります。しかし、このメモリ速度は、使用されているプロセッサモデルや、取り付けられているメモリモジュールの個数によって異なり、クロックダウンすることがあります。

たとえば高速道路をイメージしてください。高速道路を走る車が多いと交通の流れは遅くなります。そうでなければ衝突事故が起きます。これはサーバーの原則と同じです。多くのメモリモジュールを取り付けると、メモリモジュールを出入りする大量のデータを処理できるように、システムはメモリの周波数を減速します。

もうひとつの重要な確認事項は、プラットフォームやメーカーのメモリ取り付けガイドラインに準拠しているかという点です。現在、さまざまなメモリチャンネル構成が可能な複数のプラットフォームがあります。現時点でメモリチャネル数が 4、6、8 のマザーボードがあり、今年末にはメモリチャネル数が 12 のマザーボードも発売予定です。Kingston のメモリ検索では、互換性のある製品番号を選択でき、ご使用のシステムに関する情報も得られます。

サーバーを構成する際の考慮事項

最高のパフォーマンスを引き出すには、プラットフォームアーキテクチャの推奨に従ってメモリモジュールを取り付けることが大切です。これは、バランス型メモリ構成と呼ばれます。プラットフォームのメモリチャネル構成ガイドラインに従わないと、メモリのパフォーマンスが下がり、バランスの悪いメモリ構成になります。

多くのお客様が、小容量のメモリモジュールをサーバーに取り付けています。この方法にはいくつかの課題があります。

  • 拡張性:小容量のメモリモジュールをサーバーいっぱいに取り付けると、将来メモリモジュールを追加できなくなります。最大容量に到達するには、既存のメモリモジュールを取り外して、別のものを新規購入する必要があります。
  • 消費電力:取り付けたメモリモジュールの数が多いほど、消費電力も多くなります。
  • パフォーマンス:高速道路のたとえを思い出してください。サーバーいっぱいに取り付けると、多くの場合、メモリ速度が落ちます。

アプリケーションの理解が成功のカギ

利用可能な中で最も安いオプションを購入することは、総所有コスト面から見ると最高のコスト効果ではないことがよくあります。よく時間をかけて、プラットフォームの仕様、アップグレードオプション、アプリケーションに必要なものを調べましょう。

アプリケーションで大容量が必要な場合は、RDIMM や LRDIMM メモリ技術が必要です。お使いのアプリケーションでメモリ帯域幅が重要な場合は、インストールされているプロセッサのモデルと、プラットフォームに搭載されているメモリチャネルの数を確認してください。メモリチャネル数が 8 のプラットフォームの場合、最高のパフォーマンスを得るためには、プロセッサあたり 8 のグループのメモリモジュールを取り付けることをおすすめします。一部のプラットフォームでは、モジュールが第 2 バンクに取り付けられている場合、言い換えると 2DPC(チャネルあたり 2 DIMM)の場合、メモリパフォーマンスに限界があります。

最後に、シングルランクのメモリモジュールよりもパフォーマンスのよいデュアルランクのメモリモジュールも考慮したほうがよいでしょう。

お客様のソリューションに最適なメモリパートナー

Kingston では 3200MT/秒のサーバー用メモリモジュールを提供しています。これは、今年後半に発売予定の DDR5 サーバー用メモリが出るまでは、現在入手可能な中で最速の DDR4 です。

ここまでご説明したように、システムのアップグレードは思ったよりも単純ではありません。このため、Kingston では無料のカスタマイズサポートサービスの「専門家に照会」を提供しています。メモリやソリッドステートドライブ(SSD)など、どの製品の取り付けが必要な場合でも、Kingston がご支援し、お客様のビジネスニーズに合わせた助言や最適なソリューションを提供します。

#KingstonIsWithYou

Kingston製品の検索

キングストン製品でスタートすれば、メモリの選択も簡単です。
35 年以上にわたるサーバーメモリの専門企業として、Kingston は、ユーザーが自身を持ってメモリを選択するために必要な知識とリソースを保有しています。

システム/デバイスで検索する

パソコンまたはデジタルデバイスのメーカーやモデル番号、またはシステムの製品番号を入力するだけで、必要なKingston製品を見つけることができます。

部品番号で検索

Kingston の部品番号、販売業者の部品番号、または製造業者の同等の製造部品番号で検索してください。

メモリ専門家に照会

メモリ専門家に照会

Kingstonは、最適のパフォーマンスと容量のサーバーを構成するメリットについて、独立した意見とアドバイスを提供できます。Kingstonの構成専門家には、お客様のメモリアップグレードのニーズをサポートする知識とリソースがあります。

専門家に照会